履歴書の書き方を変えたら変わった薬剤師の求人への応募

キャリアコンサルタントに救済を求める

薬剤師 求人 履歴書 | 薬剤師の履歴書で大切なことは?

キャリアコンサルタントに救済を求める : 失敗原因は履歴書 : キャリアコンサルタントのアドバイスに感謝(^▽^)/

薬剤師として地元の薬局でずっと働いてきましたが、結婚することになって夫の勤務地に近いところで働くことになりました。
都心部で夫は働いていました。
ただ、都心に住居を構えるのは難しかったので郊外の比較的家賃が安いところにマンションを借りて通ってもらうことにして、自分はその近くで仕事を探したのです。
比較的住宅が多い地域であちこちにクリニックがあるのが特徴でした。
そのため、それに合わせて小さい薬局が点在していて、その大半から求人が出されている状況があり、職場を見つけるのはそれほど難しくはないだろうと甘い考えを持っていました。
しかし、実際に求職活動を始めてみると書類選考の時点で落とされてしまうことすらあったのです。
面接に呼ばれても採用されない状況が続いて、もう働くのはやめようかとも考えました。
しかし、これから子供を育てていくことや、家族で住む家を買うことを考えると今のうちに少しでもお金を稼いでおきたいという気持ちがあり、何とか職場を見つけなければならないという気持ちも強かったのです。
ただ、このまま続けていても採用されないだろうということには薄々気づいていました。
そして、何が原因なのかを明確にするためにキャリアコンサルタントに相談することにして、ようやく活路を見出すことができました。